様々な働き方

あなたの希望と一致しますか?


お仕事をする理由は人それぞれ…
休みはそこそこにガッツリ働きたい人もいれば、生活の合間に仕事がしたいという人もいます。人によって、そこには働く理由が存在します。

悩まれている方…これから勤務をする方…
様々なケースの例を挙げてみました。
ぜひ、一考の糧にしてください。もちろん、皆様のニーズにもお応え出来ればと思いますのでお気軽にご相談ください。

※下記掲載画像はそれぞれイメージ若しくは同現場異者の画像です。
 

ケース①

★定年退職後にガッツリ働いている人
年  齢:60代前半
雇用形態:契約社員
勤務日数:月20日以上
月  収:180,000円以上
職  歴:高校卒業から某商社にて定年(60歳)迄、その後弊社にて5年程経過
勤務にあたり、前月迄に本社と相談し、絶対に取りたい休日を伝えて、その他は仕事でも構わない。
繁忙期の時は、前日に連絡が来たりすることもあるが、仕事が途切れることがあまりないので収入は安定している。
仕事の内容も様々だが、数回の経験で大幅にレベルアップし、どこの現場でも頼られる存在にまでなった。

ケース②

★ケーブルテレビの仕事を中心に担当している人
年  齢:70代前半
雇用形態:契約社員
勤務日数:15日程度
月  収:80,000円以上
職  歴:運送会社で数十年、その後弊社にて8年程経過
月収見ると大きい金額ではないが、内容が単純明快。ケーブルテレビの作業者の横で歩行者の安全確保したり、車の安全確保をするのがお仕事。
1日の仕事時間が、短いと1時間くらいで終わる。遅くても、3時間弱で終わる。
2現場やったりすると、給料が多くなる為、月110,000円以上になることもある。
超短時間、且つ自家用車の直行直帰の為、気遣いがないため楽。

ケース③

★正社員/現場職 施設中心で繁忙期他応援
年  齢:40代前半
雇用形態:契約社員⇒正社員
勤務日数:月平均23日勤務以上
月  収:240,000円以上
職  歴:警備1年、飲食6年経験後、弊社にて7年程経過
ほぼほぼ同じ現場に行くけれど、繁忙期や大型のイベント警備など入った時は応援へ。
30代半ばから始めているが、最低限のことが出来れば十分であり、マナーや挨拶が決め手となりやすい。
入社当初は契約社員だったが、隊の中でしっかりやっていた結果、正社員へと昇格した。
賃金は決して多くはないが、忙殺されることもなく淡々と仕事が出来る為、精神衛生上はゆとりがある。

ケース④

★勤務地固定無/工事現場等を週3~5で対応している人
年  齢:60代後半
雇用形態:契約社員
勤務日数:15日~20日
月  収:平均140,000円前後
職  歴:某工業資材勤務20年、運送会社5年を経て、弊社8年経過
工事現場を中心として業務に携わる。
勤務地はバラバラだが、仕事が途切れることはない為、安定感はバッチリ。
65歳から初警備員としてデビューしたが、あっという間に慣れてしまい、今では卒無く業務をこなすことが出来る。
最初は最低限の挨拶のみで大丈夫だった上、現場で先輩や研修により、誘導灯を振ることに関してもあっという間に慣れてしまうことが出来た。

ケース⑤

★交通誘導・工事現場を中心として、他イベント警備
年  齢:40代
雇用形態:契約社員
勤務日数:23日程度
月  収:190,000円以上
職  歴:工場勤務15年、サービス業勤務5年、その後弊社にて3年経過
自身の車を使って気ままに現場へ直行直帰の勤務形態をとっている。
繁忙期は要相談となっているが、基本は指定した休日を取りつつ、勤務に臨んでいる。
内容も様々だが、元気があれば何でも出来る、とあるように、誰でもチャレンジしやすい業種ということも相まってあっという間に一線で活躍する程に。
最低限のマナーや言葉遣いのみから始まったが、技術も日々向上した人物。

ケース⑥

★夜勤専門での施設警備+月2~3程度の臨時応援
年  齢:60代後半
雇用形態:契約社員
勤務日数:月10~12日程度+臨時の応援
月  収:130,000円以上
職  歴:地方公務員を高校卒業から定年まで、その後5年経過
モニター監視や巡回を主とする業務に携わっている。
公務員の時に培った、人当たりの良さやサービス業のような丁寧さにより、そのまま業務に結びついている。
最初から持ち合わせた能力をそのまま駆使し、そこに警備の知識をつけるだけだったので、難しい施設警備も彼は瞬く間にものにしてしまった。

ケース⑦

★土日祝日だけのマイペースなお仕事♪
年  齢:60代
雇用形態:契約社員
勤務日数:月8日~10日程度
月  収:60,000円以上~90,000円前後
職  歴:一般的なサラリーマンとして商社勤務、その後定年退職後の仕事として弊社にて5年経過
定年後、平日は趣味の時間として確保したい、でも少しでも小遣い稼ぎを、ということで来社。
弊社の業務と合致する内容があった為、未経験であったが交通誘導にチャレンジ。
今まで営業として培ったマナーが生き、誘導も案内として生きた形となり、現在でも元気に一線で活躍中。

ページトップ